エコ住宅

超高断熱で健康に暮らす。

三井ホームの超高断熱の住まいなら、夏をより涼しく、冬をより暖かく、
快適に過ごすことができます。また、断熱性が高い室内環境は健康状態を改善し、
ご家族の快適で健康的な暮らしを支えます。

断熱性の高い住宅は健康によい影響を与える。

—— 住宅の断熱性と健康状態の関連性 ——

  • 断熱性が高い住宅は、健康に良い影響を与えます。新築戸建てに転居した全国2万人への調査では、健康状態の改善率が、断熱グレードに比例して高くなることが示されました。高断熱住宅は家中の温度差が少なく、ヒートショックや熱中症の危険を減らすことは知られていますが、もっと幅広い面から健康を下支えしています。


    近畿大学 建築学部長 教授 岩前篤氏

超高気密性能は北海道などの寒冷地基準以上。

三井ホームは標準仕様でUA値0.43w/m3k

2013年10月、「住宅の省エネルギー基準」が大幅に改正され、三井ホームはこれにいち早く対応。様々な視点から断熱仕様を見直し、最新の建築部材を導入しました。アルゴンガス入り高遮熱Low-E複層ガラスをはじめ、オリジナル屋根断熱構造材のダブルシールド(DS)パネルを採用するなど、断熱性能を大幅に向上させており、業界トップレベルの断熱性を有しています。

新基準「UA値」とは

UA値とは住宅の断熱性能を表す外皮平均熱貫流率。数値が小さいほど性能が高いことを表しています。

※計算は当社49坪試算プランによる。お客様のご希望プランや諸条件により、数値は異なります。

高断熱でZEHをクリアする家「グリーンズゼロ」。

  • 生活時のエネルギー収支を正味ゼロにするZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス) 。三井ホームでは、超高断熱性に加え、省エネや創エネなどの技術や設備を採用することで、ZEHよりも約30%エネルギーを削減できる「グリーンズゼロ」をご提案。環境性と経済性が大幅に向上します。

緑・光・風邪の恵みを上手に活かし、
暮らしの心地よさと省エネ性を高めるデザイン。