健康住宅

  • 木の調湿効果
  • 木の断熱性能
  • 弾力性のある床が衝撃を吸収
  • 木造校舎で実証された健康効果

木の家は、何より未来の環境に貢献します

“木”を原料とする三井ホームの家には、自然素材ならではの心地よいぬくもりや味わいがあります。
しかも木は、計画的な伐採と植林、育林を繰り返すことで再生産が可能な資源。
成長の過程でもっとも多くのCO2を吸収するため、木を新たに育てることは地球温暖化防止にも貢献できます。

  • 木を切るのは環境破壊になるのでは?
  • 木はどれくらいCO2を吸ってくれるの?
  • 木の家を建てることは、地球環境にやさしいこと
  • 家を建てるときのエネルギー消費量が少ないのです

持続可能な低炭素社会の実現を目指して

—— ゼロエネルギーを実現する住まい、実証実験住宅 MIDEAS(ミディアス) ——

  • 持続可能な低炭素社会の実現に向けて、再生可能エネルギーの活用とともに更なる省エネルギー化が必要です。省エネ化を推進する上で重要なのは、まずは消費エネルギーを減らすために住宅本体(外皮)の性能向上を図ることと生活者の快適性の確保、すなわち躯体の省エネ化と居住環境の質の両立といえます。2012年度に公布された「住宅・建築物の省エネルギー基準」「低炭素建築物の認定基準」でも、一次エネルギー消費量とともに、住宅の外皮性能が住宅の省エネ性能を評価する指標となっています。
    省エネ化と居住環境の質の両立を図る手法の一つに、最適環境制御があります。生活者の多様な暮らし方(生活モード)に対応したHEMSの開発です。窓の開閉・遮蔽による通風・日射の制御など、住宅外皮性能を快適にコントロールする仕組みです。
    三井ホームの実証実験住宅「MIDEAS」には、低炭素社会の住宅が備えるべき住宅システムが盛り込まれており、今後の実証実験による成果から、快適でエネルギー消費削減に大きく寄与する住宅が誕生することを共同研究の立場から期待しています。

    北海道立総合研究機構 北方建築総合研究所
    環境科学部長 鈴木大隆

  • MIDEAS
三井ホームは、健康住宅。

小さなお子様からお年寄りまで、安心を届けたい。
三井ホームのテクノロジーが、清潔な空気の住まいを実現します。

三井ホームのスマートブリーズが創る健康快適空間
  • smartbreeze
  • 花粉・ホコリや有害物質を90%カット
  • 一定温度
  • voice