消費増税後のお得な制度

地下室のポイント

建築の規制は厳しい!それなら下に伸ばそう!!条件をクリアした住宅の地下室は、
住宅の床面積の1/3までは面積に算入する必要がありません。

  • 規制の厳しい都内の限られた敷地で家づくりをお考えなら、地下室という発想はいかがですか。一定の条件(開口率、換気設備、除湿設備、防水対策など)を満たせば、居間や寝室や台所などの居室として、地下室を利用できるようになりました。大きなポイントは、ドライエリアの設置です。ドライエリアは少なくとも巾1m以上かつ深さの4/10以上、長さが2m以上かつ窓の高さ以上あることが条件です。または、その他の空き地に面する開口部が設けられていることとなっています。このような既定を満たすことで、地下室はあなたの家づくりの可能性を広げ、明るく快適な居住スペースを地下に誕生させます。

三井ホームで建築をされたお客様の想いや
いろいろな工夫を共有しませんか。

きっと、あなたの住まいづくりの参考になることがいっぱいあります。