建ぺい率の緩和

建築基準法が改正されたことにより、
敷地をもっと活用できるエリアが拡大しました

今までは、防火地域で耐火建築物を建築する場合は、建ぺい率が10% 緩和されてきました。
これが、準防火地域でも耐火建築物を建築する場合にも同様に、建ぺい率が10%緩和できるように建築基準法が
改正されました。

そもそも建ぺい率って?

そもそも建ぺい率って何でしょうか。
建ぺい率は、建築できる面積の敷地の面積に対する割合のことです。 漢字で書くと「建蔽率」で、
その土地を建物が蔽(おお)う率 = その敷地の何%まで建物を建てられるかという割合
のことです。

延焼防止性能の高い建築物への建替えを促進が目的!
三井ホームの家は木造でも耐火構造認定を受けているため
耐火・準耐火地域での建ぺい率緩和を活用できます

  • 三井ホームは防火構造だから、一的な住宅地と同様のプラン・デザインが木造住宅で可能です。
    例えば、土地面積50㎡の準防火地域内の敷地の場合、三井ホームの建物なら、1階ワンフロア当たり約3帖のスペースを生み出します。これだけあれば、ちょっとしたホビールームや家事スペース、収納などに活用でき、諦めていたスペースを生み出せます。
    また、15 帖のリビングを18 帖にすることもできるようになります。

敷地が準防火地域など、どの区分に属するかが
分からなかったり、どのような間取りができるのかを
お知りになりたい場合は、ぜひお問い合わせください